クレマチスが相場の価格より安い値段!

初心者がこれからクレマチスを始めるならば買って損はありません。オールカラーという豪華さに加え写真がきれい品種が豊富。巻末には、クレマチスの美しい公園や、専門のナーセリーなども紹介されており、私はそこに記載されていた専門店で、この春苗を二つ購入しました。

いまオススメの商品!

2017年04月27日 ランキング上位商品↑

クレマチスクレマチス [ 日本放送出版協会 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

バラや他の植物とからんだり全体を写している写真が多かったことです。今年からバラの栽培に加えてクレマチスにも挑戦してみたくていくつかの苗を購入したのですが!育て方に不安があったためこの本を購入しました。)さまざまな仕立て方!バラとの組み合わせ方なども載っています。。私のような初心者があれこれ混乱しなくて済みますし!今後をイメージして育てる事が出来るのでとても有りがたいです。花のアップだけでは、自分の庭にどのように配置したらいいか、いまいち想像できなかったんですが、伸び広がる雰囲気や他の花と合わせた色のバランス等がよくわかって、すごく参考になります。クレマチスのパストラーレを園芸店で気に入って購入。クレマチスがもっと欲しくなる一冊。しかも1500円という価格ですべてを網羅していて本当にすばらしい本!買って間違いなしです。育てる上での基本はきちんと押さえてあると思います。(私も初心者なので!詳しくわかりませんが)欲しい花が決まったら!剪定の方法だけでも!念のために探しておいた方がいいと思います。つる性植物は手入れが大変そうだし!これまでクリスマスローズ収集だけにしていたはずがクレマチスの花色(特にブルー系)の綺麗さに惹かれ!最近園芸店に行けばクレマチスコーナーにまず初めに足が向いてます。今までの本の中で1番情報量がありました。(私もまだ最後まで読んでいないのですが・・・)うれしのは薔薇との相性が載っていることです。また、植え付け方・剪定の仕方・誘引方法・増やし方など必要な情報はひと通り網羅されており、手元にあればとても便利で心強いです。育て方も詳しく書かれており、これから栽培を始めるにあたって頼りになりそうです。どちらかといえば品種カタログといった感じです。大変参考になりました。一般的な育て方や花の写真はとてもきれいで大切にしたい本の一つです。。基本は同じでしょうから!ほぼ記載内容に沿って育てられると思いますが。花の種類はたくさんあって、観ていてとても飽きません。私的にはクレマチスという花の魅力が存分に分かる本で、クレマチスの花が好きな方にはとっても良いオススメの本だと思います。前半分は品種の紹介!後ろ半分は育て方の解説です。それ以外は!クレマチス初心者の私にも解りやすく読みやすいし!豊富な花のカラー写真は見ているだけで楽しくなるので満足です。クレマチスの苗を手に入れたので!お勉強しようと思い購入しました。著者のコメントとベランダで育てている人のコメントがある程度でした。1種類ごとに詳しく説明がされ、花を選ぶ時にもとても便利。クレマチス好きな方!これからハマリたい方にお勧めです。クレマチスだけでなく、いろんな花と楽しみたい人には参考になるかと思います。本の購入と同時にここ数日で気付けば6種類のクレマチスの苗を購入し、毎日の生長が楽しみになってます。本はカラーでとても綺麗で!種類も豊富に掲載されており!お手入れ(剪定の仕方)も分かりやすく載っているので!やはり購入して良かったです。この本を参考に別の品種も育ててみたいので!今後大いに活用していきたいです。クレマチスの育て方!いろんな品種の特徴が分かりやすく解説されてて!これまでわからなかった部分が氷解。私にとっては!クレマチスのバイブルです。ただ!クレマチスはいろんな系統があって!それによって育て方が違うので!花の系統によって剪定の違いをそれぞれ詳しく書いてほしかったと思います。でも、本を見れば見るほどいろんな種類が欲しくなり、ちょっと目の毒かも!?枯らさないように本を参考にこれからクレマチスを綺麗に咲かせるように頑張ります。クレマチスの写真が多く、種類別に育て方も載っていて役に立ちそうです。今まで図書館で借りた本を参考にしていましたが、一冊手元に欲しいと思い、本屋で立ち読みして良かったのでこれを買いました。決め手は、つるの長さが記載されていること。冬咲きクレマチスを購入しその管理方法を調べる為に購入しましたが、そもそも冬咲き系は種類も無くそれ専門での解説はほぼ皆無でした。。なので!−☆です。アップだけでなく大きく成長した写真も多く、使いたい場所や品種に応じてイメージがしやすい育て方。とてもきれいな写真集のような図鑑?剪定方法などは分かりづらかった。ベランダで育てよう、と言う項目もありますが、詳細な解説自体はありません。見ている分には楽しいですが…。バラや多肉などは!栽培本をいくつか買わないと物足りない感じがしているのですが!クレマチスはこれだけで満足です。また、とにかくたくさんの品種が写真つきで詳しく紹介されていて、写真を見るだけでも楽しめるし、それぞれ花期や花径・ツルの長さなども記載されているので、苗を購入する際の参考になると思います。今後新たに四季咲きクレマチスを購入予定なので!その点では役に立ちそうです。内容ですが前半はカラーで様々な品種の紹介で全体の半分以上あり、一番知りたかった育て方などは後半に少ししかなくてクレマチス初心者の私にはなんだか物足りませんでした。購入先や索引までついてまさに至れり尽くせりの一冊です。特によいと思うのが!一年生!二年生!三年生苗を区別して栽培ポイントを書いてあるところです。。本まで購入すると本格的にクレマチスに嵌ると思い、本の購入を躊躇っていましたが、やはり買ってしまいました(笑)。。またクレマチスのいろんな楽しみ方(品種によっては鉢向きのものがある等)が載っているので、庭が小さい我が家でも夢が膨らんでいます。このシリーズはどれも内容が充実していますね。約340種の品種が紹介され育てる環境に合わせて選択できる様に!用途(鉢植え向き!低いフェンス!高いフェンスなど)!花径!開花期!蔓乃至は草丈が示されています。結構マニアックかも。欲しいものが必ず見つかるはず!実用例。クレマチスの初心者ですが、他の何冊かの本と比べても剪定、誘引、肥料や水やりの仕方など詳しく載っていると思いました。今年園芸店でフロリダ系ヴィエネッタを初めて見て一目惚れし!一鉢購入したのきっかけにクレマチスに興味を持ちはじめました。クレマチスの育て方・病気・誘引など、栽培の基本が写真とイラストで丁寧に載っており、とても分かりやすいです。系統別はもちろん、誘引、種まき、交配も。。必ず愛蔵書になります。誘引の仕方も写真入りなので分かり易いでしょう。我が家に一本あるクレマチスも!これからもっといい状態で育てられると思います。これから!新たにどんなクレマチスを自分の庭に迎え入れようか迷っている人には!それぞれのタイプや特性を考慮しながら考えられるので!良いと思います。クレマチスの育て方(特に摘芯や!花後の剪定の仕方)について知りたくて!購入しました。剪定の仕方もタイプ別に分類され図や写真で解説されているので分かり易いです。また、沢山のクレマチスが載っている図鑑もあるので、どれを育てようかウキウキする事も出来、これ一冊あればかなり心強いです。。その後この本を取り寄せました。更に誘引中に折れてしまった場合の対処法もあるので事前に読んでおけば慌てずに済みます。(私が育てているたぶんレアな品種も載っていて!驚きました。30ページ以上にわたって丁寧に解説。自分のクレマチスの剪定方法が分からなかったです。クレマチス初心者で、はじめはネットで調べて育ててたのですが、2年目を迎え評判のよかったこの本を購入。が、パストラーレが載っておらず、結局、インターネットで系統や剪定方法を調べました。巻末にはバラ百科同様クレマチスのショップやスポットガイドがあります。クレマチスの品種もたくさん紹介されていてそれぞれの性質や使い方など説明されています。写真がきれいで!品種紹介のページはカタログ感覚で見ても楽しいです。確かに大判で、ページ数もかなり有り、前半にカタログ的な図鑑の部分が多く占めているので、解説が後ろにちょこっとしか付いていない感じがしますが、実際はそうでもないと思います。